ウクレレ弾き語りのコツ!

こちらでは、ウクレレ弾き語りのコツについてお伝えしています。

ウクレレの弾き語りのコツってどうすればいい?

f:id:EASYBBODY:20210406113212j:plain

ウクレレの弾き語りにはどんなコツがあるのでしょうか?

ギターと違い、ウクレレは弦が4本しかないので簡単なのは確かです!

ただ、そうはいっても初心者は、何から始めればいいのか?

意外と分からない事って多くありますよね。

私も最初の頃は・・・

・コードが押さえられない

・コードチェンジがスムーズにできない

こんな調子でした。

しかし、あるコツを覚えてしまえば、意外と簡単にウクレレの弾き語りはできます。


具体的に言えば・・・

コードを覚えて、曲に合わせてコードをスムースにチェンジする。

リズムに合わせて、簡単なストローク弾きをすればOK!


必要最低限の簡単なコードとストローク弾きができればいいんですね。

この伴奏で歌えば、音楽としては、ちゃんと成立しますからね。

コツさえ覚えてしまえば、案外簡単にウクレレで弾き語りをすることは可能です。


ただし、このコツを覚える前にやるべきことはあります。

ウクレレが簡単と言えども楽器であることには違いありません。

最低でも、ドレミぐらいは、最初に練習しておきたいところでしょう。

そして、効率よく練習して弾き語りしたいですよね。

そこで・・・

「自宅で学べるウクレレ上達法」

というのがあるんです。

講師は、古川忠義 先生

音楽教室を運営するプロの講師です。


ウクレレのソロも伴奏もこれ1つで学ぶことが可能です。

譜面が読めない初心者でも全く問題ありません。

DVD講座となっているので分からないところは何度でも繰り返し練習できます。


ちなみに、講座で使われる課題曲は、中高年向けです。

ですが、この講座を終える頃には、ウクレレのコツは分かってきます。

私自身、自分の好きな曲も弾き語りできるようになりましたからね!

短期間で効率よくウクレレを覚えたい人にはオススメできます。


それと・・・

これからウクレレ本体を購入される方いるでしょう。

そんな方の為にウクレレとDVD講座のセットも購入もできます。

もちろん、DVD講座だけでも購入可能ですよ。


短期間でウクレレの弾き語りをしたい人やコツを知りたい人は、今すぐ、古川先生のウクレレ講座を確認してみてください。

⇒ウクレレ講座はコチラから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:中高年 ウクレレ 初心者 | 趣味でブルースハープ

ウクレレの弾き語りが上手くできない人の特徴は?

なぜ、ウクレレの弾き語りが上手くいかないのか?

その理由としては・・・

・コードを覚えていない

・コードチェンジの時に演奏が止まる

・リズムが狂ってしまう。

主にこの3つがあります。

なので逆を言えば、コードをしっかりと覚えて、スムーズにコードチェンジを行い、リズム合わせることができればいいわけです。

これができればウクレレの弾き語りをすることができます。

弾き語りのコツは自分に合うウクレレのサイズを使うこと!

ウクレレにはいくつかサイズがあるってご存じでしたか?

小さい方から順に・・・

・ソプラノ
・コンサート
・テナー
バリトン

このようにウクレレにはサイズがあります。

一番小さいソプラノは、コロコロとした音色で親しみやすいです。

指の小さい女性の方にはお勧めですが、男性の方には小さいかもしれません。

一般的には、コンサートサイズのウクレレです。

コンサートの大きさは、ソプラノよりも大きく、また、音もコロコロしていてオススメです。

次に大きいのがテナーサイズのウクレレです。

テナーはサウンドホールも大きくなり、高音から低音までしっかり音が出てくれます。

最後にバリトンですが、こちらは形が大きく、チューニングが根本的に違います。

バリトンは、1弦E、2弦B、3弦G、4弦Dでギターで言う、1弦~4弦と同じチューニングです。

なので、バリトンサイズのウクレレはあまり一般的ではありません。

もし、弾き語りで上手く演奏ができない人は、ウクレレのサイズを確認して自分に合う楽器を使うようにしましょう。